バストアップの体験談.com

トップページ > 胸を大きくする方法について

胸を大きくする方法について

胸を大きくしたいと考えている人は少なくないと思います。
よく言われているのがマッサージなどで乳腺を刺激することで胸が大きくなると言われていますが、実はそれだけでは意味がないのです。
実際に胸が大きくなる理由は乳腺を刺激するだけではなく女性ホルモンの安定とタンパク質の補給になります。
胸も一応脂肪ですのでその脂肪を付けるためにはタンパク質が必要になります。
また女性ホルモンは不規則な生活や食生活の乱れ、ストレスなどで大きく乱れたり分泌量が不足することもあるので普段の生活には注意が必要です。
胸を大きくする上で女性ホルモンが重要だと説明しましたが、ホルモンを増やしたり安定させるのは少し難しいと思います。
そこでおすすめなのが大豆イソフラボンと呼ばれるものです。
この成分は名前の通り大豆に含まれているもので女性ホルモンとほぼ同じ働きをしてくれます。
ただ注意が必要なのが大豆イソフラボンは摂取し過ぎると逆に身体に悪影響を与える場合があるので量には十分注意しましょう。
胸を大きくする大豆イソフラボンとタンパク質ですが、摂取方法で近年人気が上がってきているのがきな粉牛乳です。
名前の通りきな粉と牛乳を混ぜて飲むだけです。
味は苦手な方も多いようですので砂糖などを混ぜて飲むと飲みやすくなります。
また冷たい状態のものよりも混ぜる前に牛乳を温めてから混ぜて飲むと内臓を冷やさないのでおすすめです。
摂取量はコップ一杯で大体200mlを目安にしましょう。
この方法も飲み過ぎは良くないので気をつけてください。
他にも豆乳を使った豆乳鍋も食べやすいだけではなく胸を大きくする効果があると言われています。
また食べ物の他にも胸の乳房を垂直の線で結んだ時の丁度真ん中あたりにあるツボでだん中と呼ばれるものがあり、それは女性ホルモンの分泌を促進する効果があるとされています。
入浴中などに親指で徐々に力を加えながらゆっくり押すと良いでしょう。
女性ホルモンの分泌によって胸を大きくすることができるのでまずは自身のホルモンバランスなどをきちんと把握しておくことも大切です。
年齢:24歳 職業:カメラマン


▽ 目次 ▽



  1. 豆乳を飲んで胸を大きくする





豆乳を飲んで胸を大きくする



胸を大きくする方法は、よく「キャベツを食べる」だとか、「鶏肉を食べる」という情報を聞きます。
私もいろいろ試してはみましたが、どれもこれも期待していたほどの効果はありませんでしたし、献立に毎日これらを取り入れるのはなかなか難しくて続きませんでした。
胸が小さいことで悩んでいる人にとっては、何かいい方法があればとにかく試してみたいですよね。
そうかといって、ネットでよく見かけるような胸を大きくするサプリなんかは、ちょっと怖くてなかなか手を出しにくい印象があります。
なにか手軽に取り入れられていい方法はないかと探していたところで見つけたのが、豆乳です。
胸を大きくするのに何がいいかというと、大豆に含まれているイソフラボンが女性ホルモンと同じような性質を持っているということです。豆乳を飲むことで得られる効果は、胸を大きくすることだけではありません。女性ホルモンと同じ効果を持っているということで、生理痛の緩和にも効果があると言われているのです。また、肌の調子を良くするとも言われているのです。女性にとってはとにかくうれしいことだらけなのです。
豆乳であれば、調理する必要もなく毎日コップ一杯を飲めばいいだけなので、大変お手軽です。大豆であればなんでも構いませんが、やはりただ飲むだけ、というのが魅力です。
豆乳独特のクセが苦手で飲めないという方は、ココアにしてみたり、コーヒーを混ぜてみたりするといいかもしれません。豆乳のにおいはなくなって飲みやすいです。
また、牛乳にきな粉を混ぜて飲むのも効果があると言われています。コップ一杯の牛乳にきな粉と砂糖を混ぜて飲めば、おいしく飲むことができます。
ただ、牛乳もきな粉も体にいいのは確かですが、どちらもカロリーは高いのでダイエット中の方は気を付けた方がいいかもしれません。
豆乳もきな粉牛乳も、毎日コップ一杯と決めて取り入れましょう。ダイエット食品などにありがちなことですが、いくら栄養があり健康にいい食品であっても、同じものばかり毎日大量に摂取し続けるのは体によくありません。
毎日少しずつ継続していくことが大切です。




△ 目次に戻る